So-net無料ブログ作成

家族が心の基礎と述べたヴァージニア・サティア [心理学]

 ある人間が「元々の家族(自分が育った家庭)」の中で引受ける役割は、当人のその後の成長を左右する種子となる傾向がある。米国の心理学者ヴァージニア・サティアは、人格形成において家族が占める重要性を認め、健全できちんと機能している家庭と機能不全に陥っている家庭との違いを考察した。取分けサティアが関心を示したのは、家族間に健全な力動性が欠けている場合に、それを補う為に各人が引受ける傾向のある役割とはどのようなものかという点であった。

 健全な家庭生活には、情動のオープンで互酬的な提示及び相互の間でのポジティブな眼差しと愛の表出が認められる。それ以前のどの療法家よりも、サティアは、きちんと順応させた魂を発達させる上で、共に満ちた育みあう関係が持つ力を重視した。


ロールプレイング(役割演技)

 家族の構成が情動や感情をフランクに表出する能力に欠ける時、本来の自己同一性に代わって、人格的「役割」が表れる傾向があるとサティアは示唆する。サティアは、個々の家庭の成員が取分けストレスを感じている時にとる傾向の高い五つのよく演じられる役割を挙げている。第一は、絶えず罪を見つけ批判する成員(「

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。