So-net無料ブログ作成

天才を造れ! [教育]

昨夜、NHKスペシャルで「東京アスリート1」の番組で張本智和、伊藤美和選手の紹介があった。

2人共に練習を始めたのは海馬は片鱗しか無い2才の時であったと言う。

張本の両親は中国卓球のトッププレイヤーであり、伊藤の母親は実業団のプレイヤーであったと言う。


張本は卓球一番の指導は受けず、伊藤はトイレに貼紙をする程のスパルタ教育であったようだ。

2歳児は記憶するのに、大脳皮質に直接貼り付けるやり方で記憶する。

何度も同じ動作をするので、長期増強が大脳皮質に植え付けられるのであろう。


結果、張本は時速100kmを超す玉の回転を見る事が出来、それに反応して0、015秒で飛んでくる玉に対する自身の対応が決まり、相手が打ち返せないであろう返球に繋がっている。

一方、伊藤は相手の姿勢や打点に視点の焦点を合せ、その仕草から玉のやスピードを推測して、微かに目の横に玉の気配を感じ取り、それに一瞬で反応して、相手が適応できないであろう返球を返している。

人間の動体視力を鍛えると言うのも、如何に多くのパターンを記憶しているかに掛っているのだろう。


東京アスリート計画は特殊な能力で無い事は、脳の可塑性によって担保されている。

子供を天才にしたいなら、その親は惜しみなく努力をすれば良い。

天才は特別な人では無く、人類の未来形でもある。


文明や社会が行き詰まり現象を見せているが、人間が変わればその行き詰まりも打開できると信じる。

世界一を競うアスリートに対して政府は力を入れる。

しかし、文明の行き詰まりこそ、政府が打開策を示さなければならない。


それこそが、「おめでとうございます!義務教育」なのである。

先ずは、教育費にお金が削れる効果が一番に現れるのだが、生産性革命が起きて来るのは間違いない。

大きく変容する社会を実現することにこそ政治の目的がある。




このブログと同じく力を入れていますので、楽しんで頂ければ幸いです

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。