So-net無料ブログ作成

人格の気質的4類型 [心理学]

2世紀のローマの哲学者にして自然科学者であったガレノスは、人格の類型という概念を定式化した。

元々ギリシャで唱えられていた4大元素、地(冷たく乾いている)・風(暖かく湿っている)・火(熱くて乾いている)・水(冷たくて湿っている)からヒントを得て気質論を主張した。

それは多血質・粘液質・胆汁質・憂鬱質で、体内における体液のバランスが気質に影響を与えるものでした。


どれか一つの体液が過度に増加すると、それに対応する人格類型が支配的となる。

多血質の人は体内の血液量が多すぎる為、ハートが温かく、友好的で楽天的にして自信に溢れるが、利己的にもなる。

粘液質の人は、過度の粘液の影響で、穏やかにして親切で、冷静かつ合理的だが、緩慢で内気になる事がある。


胆汁質の人は過度の黄胆汁の影響で、激しやすい。

憂鬱質の人は、過度の黒胆汁の影響で、詩的にして芸術的な傾向を示す事が多いが、そこには悲哀と不安の念が伴うことも屡々のようだ。

この学説はルネサンスになって、より進んだ探究にさらされて説得力を失うまでは、中世を通じて西欧社会を支配していた。


医学的には解剖学の進展により、ガレノスの権威は衰退したが、20世紀になって心理学者達に影響を及ぼす、謂わば心理学の父とも呼べる存在であったようだ。

仏教における唯識思想は現代の21世紀になっても通用する理論と考える。

西欧を先進国とし、その考えを優先する学校学習指導要領には辟易とする次第だ。




このブログと同じく力を入れていますので、楽しんで頂ければ幸いです

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。