So-net無料ブログ作成

尾畠さんに見る悟り [心学]

8月16日に書いた尾畠さんのマスコミ報道を見ていると、将に悟りの境地の1つの姿かと想える。 行っている事は菩薩道そのものである。 「中学しか出ていない」と言う言葉が示す通り、悟りには難しい理屈は要らないのだ。 釈迦の説いた「八正道」や「六波羅蜜」は何も難しいことは無い。 だから古代インド社会で受け入れられ、それが発展していったものが現在に残る仏教に相違ない。 釈迦は正しさと人間関係において、無が考える規本であると説いた。 ニュースに出てくる犯罪者達は三毒に満ちている。 遥か飛鳥の昔から江戸に掛けて日本人は先祖供養を肇とする仏教の教えに溶け込んでいた。 それが、江戸時代迄に犯罪が少なかった最大の理由であろう。 菩薩になりたい想いが江戸迄の日本人には多くあった。 新渡戸稲造が米国で日本人紹介をするのに「武士道」を以てしたが、それは実は菩薩道であった。 文部科学省は、どうすれば尾畠さんのように人が育成できるかを考えねばならない。 文部科学省自体が最近の報道を見ていると、三毒に侵されているとしか思えないのだ。 その三毒に侵された文部科学省の職員が尾畠さんの実践に子供を繋げていくことはできまいて。 実は文部科学省そのものを、リストラクチャリングしなければならない。 拘る必要の無いものに拘って、森加計問題が生じている。 安倍総理に拘って忖度が起き、全ての矛盾が生じているのだが、それが分っていない。 筆者は「おめでとうございます義務教育」を提唱している。 これが実現すれば、文部科学省は科学省だけで良くなるのだ。 現代社会を悪くしているのは文部行政が全てを担っていると言っても差支えない。 尾畠さんの行為が全て示している。 こちらでもブログを更新しています。 http://hbar.seesaa.net/ http://soutanou.seesaa.net/ http://fanblogs.jp/otokonoumeki/ このブログと同じく力を入れていますので、楽しんで頂ければ幸いです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。